カミル・オーマン・ヤノフスキー

彼の音楽経歴はトランスやハウスなど電子音楽からのスタートであったが、それまでの経験を礎にし交響曲を手掛け、ゲーム音楽の世界に入る大きな一歩となった。